>

社員一人ひとりが取り組めるリサイクル活動

減らそう会社のゴミ

社員一人一人がリサイクルを意識しゴミを減らすことは、コスト削減や作業の効率化、仕事意識の向上にも繋がります。
具体的にすぐできることを紹介していきましょう。
まずは、紙類。
会社では毎日大量の紙が消費されています。
ペーパーレス化が進んでいるとはいえ、現在でも多くの紙が使われています。
例えば使用済みの片面が白い紙をコピー用紙やメモ用紙として再利用したり、使用済みの封筒なども同じようにメモ用紙として有効活用できますよね。
捨てようとしている紙に本当に他の利用方法はないのか、今一度考えてみましょう。
そして個人での紙の再利用が難しいと判断された紙類は、古紙回収業社に紙ゴミの回収を依頼してみましょう。
だいたい1kgあたり5円程度で買い取ってくれます。
古紙は少しの量ならゴミでしかあり得ませんが、たくさん集まればお金にも変えられる資源になるのです。

社内のゴミの分別

社内でのゴミの分別、面倒臭がらずにきちんとやっていますか?
自信を持ってはいと答えられる方、意外と少ないのではないでしょうか。
もちろん仕事で疲れている気持ちは良くわかりますが、ひとまずいま捨てようとしている飲み終わったペットボトル、きちんと分別して捨てましょう。
例えばコカコーラのペットボトルにはYesリサイクルNoポイ捨てと小さく書かれています。
様々な企業がリサイクルを推進している時代です、個人でも適切にリサイクルを意識しましょう。
また、オフィスで出るゴミには分別がわかりづらいものが多々あります。
例えば業務用プリンターのトナーカートリッジ。
これはメーカーや回収業社に引き取ってもらい、リサイクルが可能です。

ゴミの分別は掃除とともにできる作業です。
この機会にリサイクルだけではなく、オフィスも徹底的に掃除して見てはいかがでしょうか。